軟弱な土地で活躍する機械

男の人

水分が多かったり砂が主成分だったりと、軟弱な土地の土砂を、建設に適した土砂に改良するのが土質改良機の役割です。土砂の運搬費用や処分費用といったコストを抑えると共に、環境への負荷を最小限に抑えることができる、便利な機械です。

詳しく見る

オススメ記事

ニュース一覧

改良機の選ぶポイント

工事現場

土質改良機の導入に際しては、スペックはもちろんメンテナンス性の高さも重要なポイントとして選ぶようにしましょう。過酷な環境で使用する機械なので点検や清掃は欠かせないものであり、メンテナンスが楽にできる事は、作業効率の上昇につながる重要な要素になります。

詳しく見る

土質改良を行うには

作業員

土質改良機は、現場で発生した残土を最終的に改良土にするための機械です。自走式のものもあり山間部など近く改良プラントがないような場所で使用するのに適しています。価格は数千万円程度は必要で、このためレンタルで使用するのが一般的です。

詳しく見る

環境に配慮した重機

工事現場

土質改良機は水気の多い土地や、高速道路のような建設現場で活躍する重機です。本来なら廃棄対象となる土砂を、再利用できる土に変えることができるのが特徴です。複数のタイプがあり、主に自走式土質改良機が主流です。レンタルもありますので、導入に対する不安を解消する手助けになります。

詳しく見る

土の再利用を可能にする

男性

土質改良機は掘り出された土砂の強度が弱い場合でも、石灰などの添加剤を土砂に混ぜることで強度を高めて再利用を可能にする特殊機械です。土砂の搬入搬出にかかる費用を大幅に削減できるので、建設会社にとって導入するメリットが多く人気の高い環境機械です。

詳しく見る

建設現場の土壌を改良する

作業員

エコにも一役買っている

土質改良機は大規模な土地の造成を伴う建設現場で利用される特殊な機械で、その名が示す通り土質を改良する事を目的に用いられます。自走式土質改良機とも呼ばれ、機体の下部にキャタピラーがついているので、現場内を自由に移動させることが出来ます。建設現場においては一般的に残土と呼ばれる建設発生土が、特に基礎工事の段階で多く発生します。この建設発生土は問題がなければそのまま建設用土として埋め戻されたり、盛り土に利用されます。しかし土壌によっては粘土質であったり、砂が主体であったりと強度が不安定であるため再利用が出来ないケースも多々あります。この場合現場で新たに必要となる土は別の場所から採取して運んでくる必要があり、逆に現場で出た建設発生土は廃棄処分しなければなりません。その分余計な費用がかかる上、土の採集と保管、処分用地の確保など、環境への負荷も大きくなります。そんな場合に、土質改良機の出番です。原料となる土を土質改良機に投入すると、別に投入された固化材となる添加剤と内部で混合されます。こうする事で軟弱な土が建設に耐えうる強度を持った土に再生されます。こうして改良された土は、ベルトコンベヤによって排出されます。建設発生土の処分にかかるコストや環境負荷を抑え、工事作業の円滑化に一役買う特殊な機械です。自治体などによって再生土の利用には様々な制限がありますが、添加剤は状況に応じて変えることが可能であり、添加量についてもコンピューターで制御ができます。土質改良機はシンプルな構造であるため、工夫によって様々な場面で活用できます。一例として添加剤としてpHの調整剤を加えることで、広範囲の土壌を中和させるといった用途に用いることも出来ます。