ニュース一覧

改良機の選ぶポイント

工事現場

メンテナンス性を重視

建設現場の基礎工事などで多く発生する残土の質を改良して、高品質な土に処理して再利用可能にしてくれる機会が土質改良機です。土質改良機を導入する事によって作業コストの低下や、環境への負荷を低減できることから様々な場面で使用する動きが広がっている特殊機械です。そんな土質改良機を導入しようと考えられている方は、どういった点をポイントとして選ぶ必要があるのでしょうか。当然機械なのでスペックが良いのに越したことはありませんが、メンテナンス性は土質改良機を選ぶ上で重要なポイントになります。土質改良機が活躍するのは舗装もされていない、土砂がむき出しの土地です。さらに機械内部では、常に土と添加剤を攪拌し続けており、部材が消耗しやすくなっています。こうした環境ではメンテナンス性が高い事はスムーズな作業を行う上で重要な要素です。作業前の点検と作業後の清掃がしやすいように工夫された製品は、無駄な時間の浪費を抑え作業効率のアップにつながります。また土質改良機を導入するにしても購入するかレンタルするか選択肢があります。一時的に使用する場合にはレンタルでもいいですが、ある程度の期間使用するつもりがあるなら購入したほうが割安になります。安く手に入れたいという場合には中古も選択肢にいれましょう。購入するつもりの方も、一度レンタルして使用してみるのもおすすめです。カタログを見ているだけでは分からない、実際の使用感を確かめることが出来ます。レンタルだと在庫があればすぐに使用できるので、購入した場合の納車までのつなぎとして使用するのも一つの方法になります。