ニュース一覧

環境に配慮した重機

工事現場

土をリサイクルする

環境機械として重宝される土質改良機は、名前の通り土の質を改良することができる機械です。重機の中でも活躍できる場所が特殊で、湾岸や河川、沼地のような水分の多い土地や粘土性の高い土地での現場で使われています。他にも高速道路の建設工事が行われる場所でも利用されています。このような場所で採掘された土砂は、そのままでは再利用することができず、廃棄物として処理されてしまいます。そこで出番となるのが土質改良機です。土質改良機は、工事現場で掘り出された土砂にセメント類や石灰などの添加剤を混ぜて撹拌することにより、リサイクルできる再生土に生まれ変わることができるのが特徴です。資源として有効活用できるだけでなく、廃棄物を減らすことに繋がるため、環境に優しい重機といえます。土質改良機には定置式と自走式がありますが、よく利用されている土質改良機は自走式土質改良機です。特に2つのタイプが主流で、両方とも高い性能を持ちますが、構造に違いがあるので、有効活用できる場所が変わります。パドルで土を混ぜ込むのが得意なタイプは、水分の多い土地や粘土性の高い土地での作業に向いており、カッターやハンマーを駆使して石を叩いて微塵にしたり、土を切り裂くように混ぜるのを得意とするタイプが、石の混じりやすい土地の改良に向いています。土質改良機は特殊な重機だけに高価ですが、レンタルしている会社もあります。使いこなすには専門性の高い技量を必要としますので、導入を検討しているのであれば、先ずはオペレーターのいるレンタル会社などで相談してみるのが良いでしょう。