甲状腺の病気はホルモンの機能の異常|女性が注意すべき病気

聴診器

乳がんは早期発見しよう

風景

早期発見が大切

乳がんは早期発見すると、10年生存率が90%以上と非常に高いのが特徴です。早期発見をするためには、乳がん検診を定期的に受けることが大切です。乳がん検診は、外科や乳腺外科で受けることができます。問診や視触診、マンモグラフィ、超音波検診などの検診方法があります。それぞれに特徴や見つけやすい乳がんが違いますので、年齢や家族に乳がんの方がいるかどうかによって受けるべき検査が変わってきます。マンモグラフィは初期の石灰化を見つけやすい検査と言われていますが、若い女性の場合、乳腺と石灰化の判断が難しくなるため40代以上の乳がん検診に向いています。一般の方であれば、マンモグラフィを二年に一度と超音波検診を毎年行うのが望ましいです。

セルフチェックしてみよう

近年、乳がんが遺伝的要素も持っていることが分かってきて近親者に乳がんの方がいる場合は、毎年マンモグラフィと超音波検診を受けることがすすめられています。現在では会社や市町村などで乳がん検診を無料で受けることができるシステムがあるところもあります。このような補助があることで、乳がん検診を受ける女性が増えてきています。しかしながら、女性にとってデリケートな部分の検診ですので、乳がん検診に行くのをためらっている方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめなのは、女性が検査をしてくれる病院です。インターネットで調べてみると、女性医師や女性技師のいる病院を見つけることができます。乳がん検診を受ける事と共に、毎日お風呂などでしこりがないかをセルフチェックしていると異変が起きたときに早期発見することができます。