甲状腺の病気はホルモンの機能の異常|女性が注意すべき病気

聴診器

小さな臓器がもたらす疾患

female

ホルモン異常によるもの

甲状腺は、人間の喉仏の下あたり、首の前側にある臓器で、蝶のような形をしています。首部分にある小さな臓器ですが、甲状腺は人間にとって欠かせないエネルギーを生成するという重要な役割を担っています。甲状腺は、人間が食べたものから甲状腺ホルモンというものを作り出し、血液中へ分泌させます。そのホルモンが、代謝を上げたり、体の発育を促進させたりする役割を果たしています。この甲状腺ホルモンは、必ず正常量が保たれていなければなりません。ホルモンが多くても少なくても、正常量でない限り、体に疾患をもたらしてしまいます。その疾患は、ホルモン量が正常より多い場合は、「バセドウ病」、少ない場合は「橋本病」と呼ばれています。この二つの疾患には、どのような特徴があるでしょうか。

二つの疾患の特徴

まず、バセドウ病と呼ばれる疾患について、症状の特徴としては、眼球が飛び出る、汗を多くかく、イライラする、動悸が激しくなる、などがあげられます。特に眼球が飛び出る、という症状はバセドウ病特有のもので、この症状が現れた場合には、まずはバセドウ病であることを疑いましょう。橋本病についての症状は、くびが太く見える、むくむ、体が乾燥する、寒気、無気力感を感じる、などがあげられます。橋本病に関しては、ただの老化現象や、体の疲れなどと勘違いしやすい症状のため、定期的に血液検査を受けることが、疾患の早期発見への近道となります。どちらの疾患も、症状が軽い場合は手術をしないことも多く、薬の服用で完治することもできる疾患であるので、早期発見、治療が重要なポイントとなります。